会長挨拶

 2015年7月から、南十字星会の会長・宮崎衛夫の自宅住所が下記に変更いたしました。お知らせします。

 会則第2条に「本会の事務局を会長の自宅住所に置く」と規定されていまして、こちらも変更させていただくことになります。

                    会長  宮崎衛夫('65年卒)

〒658-0015 神戸市東灘区本山南町8-3-1-1515

Tel: 078-771-1643

Mobile:090-5162-8073

 

 2010年10月23日の南十字星会総会(大阪・新阪急ホテル)で、山口寛・前会長より指名を受け、会長を引き継ぐことになりました。04年から会長をつとめられ、会の組織的運営、会報「南十字星」の発行、先生方との連携強化など、多くの実績を残されてきた山口前会長に、あつく御礼を申し上げます。


 母校が大阪大学と統合した2007年10月以降、私どもの母体は大阪大学外国語学部インドネシア語専攻と変わり、同窓会としても新たな取り組みが必要となる事態も起こってきております。また、会の更なる活性化と、それを支える財政基盤の強化が喫緊の課題であり、そのために何が出来るか。同窓の皆さまの前向きなご意見やご協力をいただきながら、取り組んでまいりたいと思っておりますので、どうかよろしくお願いいたします。


 南十字星会第4代会長  宮崎衛夫('65年卒)

〒654-0153 神戸市須磨区南落合2-1-9

E-mail: morio-miyazaki@nifty.com

Tel: 078-791-9935

 

 2004年12月、スマトラ沖地震・大津波の被災者支援に南十字星会も力を注ぎした。募金活動が盛り上がり、翌05年には待望だった会報誌「南十字星」を創刊。これを機に、会員間の情報交流が進みました。卒業生の日々に薄れていく記憶や貴重な体験談を風化させることなく、末永く先輩から後輩へと受け継いでゆく語りべ的存在として、会報は号を重ねてきています。幸い、評判もすこぶる良く「会報をいつでも、誰でもが読めるように」オープン形式にしようという発案があり、HPを立ち上げて会報をここにも収録することになりました。


 私たち卒業生は、母校とは一生涯離れられない“運命”のようなものを感じています。会報やHPが求心力ともなって、母校への郷愁が一段と駆り立てられ、同窓会活動の活性化に寄与することを願っています。


 本会の活動はすべてがボランティアです。活動から得られる無償の対価は、人脈の形成と同窓仲間というすばらしい財産を築くことであり、HPを通じ「開かれた南十字星会」の実現に期待する次第です。


 南十字星会第3代会長  山口 寛('58年卒)